ONE Championshipと修斗の提携

http://www.boutreview.com/3/news/item_18117.html


修斗と提携でONEに選手がさらに行くことになるんだろうけど、やっぱ日本でやることを意識しているのか。
ONEは経営がどうのこうのとかの報道はあったけど結局まだ大丈夫ということなんだろうか。

フライ級、セフード防衛

http://www.boutreview.com/3/reports/item_17836.html


ディラショーは2階級制覇がかかっていたがやっぱ減量の影響はなかったとは
いえなかったか。

フライ級は前王者のDJがONEに移籍し、選手の契約解除が続き、廃止の噂が飛び交っており、セフードの動向と発言がUFCの運営側の最終決断にどう影響を及ぼすか気になるところだ。


これで廃止にならなかったらジョンソンが移籍することなかったんじゃあ..と思ったけど待遇面とかが
良くならないから廃止にならなかったとしてもやっぱ移籍はしていたか。

KrushがK-1 KRUSH FIGHTに

http://www.boutreview.com/3/news/item_18105.html
ダイアリーとしてはこれで最後の更新。

また、AbemaTVは25日、K-1 JAPAN GROUPの大会中継の契約を更新し、2019年と2020年も同グループの大会の生中継を継続することを発表している。


2020年まで継続が決まっているとのこと。
その前にAbemaが続くのかどうか。

堀口逆転勝ち

http://www.boutreview.com/3/reports/item_17105.html
http://www.boutreview.com/3/reports/item_17092.html


2Rまで堀口がいいとこなくて最初の1Rもリングじゃなくケージだったらやばかったと思ったけど
よく3Rあそこでとらえられたよ。
あれはコールドウェルがミスったのか堀口がうまかったのか、両方なのかわからんがおもしろかった。
これで次は堀口ベラトールになるのかな?


メインはまあそうなるはな、とは終わった後だからなんとでも言えるけど解説人はあかんやろうなあ、
と思ったらやっぱりいろいろ言われてた。でも自分ももしかしたら、と少しだけ思ってしまっていたので批判することはできんな。


全体的に見れば予想通りメインが話題を集めてその通りになったのでRIZIN側は批判とかひっくるめてよかったのかどうかはわからんなあ。

ジョン・ジョーンズ防衛

http://www.boutreview.com/3/reports/item_17035.html


会場が直前になって変更になるというなかなかないことだったと思うが試合はジョーンズが圧勝。
まあこうなるよね、という感じだったけどこれでコーミエとやることになるんだろうか。


もういっこのタイトルマッチはサイボーグがKO負け。
ヌネスは強いけどサイボーグかなあ、と思ってたけどパンチで勝負がつくとは。
あとB.J.ペンが出てたけどヒールホールドで負けてやっぱ時の流れには勝てないと感じたりした。

ワイルダー、ドロー防衛

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181202-00000018-gbr-fight


体重差もあってどうかと思ったがドロー。
これでアンソニー・ジョシュアとの対決はもう少しまたされることになるのだろうか。

試合追加

http://www.boutreview.com/3/news/item_15568.html


佐々木憂流迦は噂通り参戦。

先日、UFCで負けて、すぐリリース(契約解除)ということで、戦う場所を変えることで憂流迦がもっと光ると思って『出ておいでよ』って声を掛けたら、向こうも待っていましたという感じでした」と説明した。


ONEもあるかなとは思ったが交渉はしてたんだろうか。
堀口も相手どうすんだろうかとは思ったが、

今回の会見の目玉の1つとなったのが、UFCに次ぐ世界2番手の選手層を誇るMMA大会・ベラトールとの本格交流のスタートだ。

ベラトールと組むんであれば対戦相手は困らないか、ただRIZINにあがる回数は減るだろうが。